高松渡(滝川二高)ドラフト会議でどの球団に入団?成績についても!

今回紹介する選手は、滝川二高3年生の高松渡選手について記事を書いていこうと思う。

 

10月に行われたドラフト会議でドラフト候補の一人として、挙げられていた人物になる。

 

もうドラフト会議はとっくに終わっているので、どの球団から指名されたのか紹介していこうと思う。

 

また、高校時代の成績や実績についてやプロフィールについて記事に書いていこうと思う!

 

【関連記事】

高松渡内野手(滝川二高)の高校時代の実績や成績は?打順についても!

スポンサードリンク

高松渡のプロフィールは?

 

名前    高松 渡(たかまつ わたる)

出身地   兵庫県加古川市

体重    65kg

身長    176cm

ポジション ショート・外野手

投打    右投げ左打ち

 

野球を始めたのは小学校1年の時になる。

地元の小学校である、尾上小学校に通っており「浜手ロイヤルズ」と言うリトルチームに所属していたそうだ。

 

物事を始めるのは早い方が有利とは言うが、小学校1年の時から野球をしているのであれば他の選手よりも練習量が多いので活躍する選手が多い様な気がするな

 

そして、浜の宮中学校に進学することになるがそこでは中学校の軟式野球部に所属していたそうだ。

 

中学時代に軟式で練習するか硬式で練習するかに分かれるんだが、高松渡選手は軟式を選択したことになるな。

 

中学校卒業後は、滝川二高校に進学することになるんだ。

 

では、次のテーマで高校時代の成績について紹介していくぞ!

スポンサードリンク



高校時代の成績について!

滝川二高に進学して1年の秋から背番号7を獲得してベンチ入りを果たしている。

 

1年の秋から背番号7を手に入れると言うことはかなり実力があると言うことが分かることになるな。

 

2年の夏の兵庫県大会では、背番号16で出場をしており9打数4安打の高実績を残している。

 

夏の兵庫県大会では、4回戦で敗退してしまい甲子園に出場することは出来なかった・・・

 

2年の秋季大会では3番打者を務めることになるんだが、2回戦敗退となってしまう。

 

3年の夏に開催された兵庫県大会では、3番ショートでスタメン出場を果たすも明石商業に敗退して準決勝敗退となってしまう

 

高校時代の最高成績は、兵庫県大会ベスト4が最高になる。

 

兵庫県は全国でもかなり高校数が多いし、強豪も多いので早々簡単に甲子園に出場することは難しいよな。

 

しかし、それを突破することが出来たなら最高に気持ちがいいよな~

 

では、最後にドラフト会議でどの球団から指名されたのか紹介していこうと思う!

スポンサードリンク



ドラフト会議でどの球団に入団?

結果から先に伝えると、中日ドラゴンズがドラフト3巡目で高松渡選手の交渉権を獲得している。

 

50メートル走は5秒9の俊足が評価されており、ドラフト上位での指名となった様だな。

 

中日ドラゴンズは2017年は最下位となっているだけに、若い力でチームを勝利に導いて欲しいな!

 

【関連記事】

高松渡内野手(滝川二高)の高校時代の実績や成績は?打順についても!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください